ワンステップ排卵検査薬

MENU

ワンステップ排卵検査薬は低価格!

 

排卵検査薬は、長期間に渡り使用するとなると、結構経済的負担が重いそうです。確かに、日本で一番お手頃価格と言われている、ロート製薬のドゥーテストですら、1回分につき400円くらいしますからね。こうして見ると、日本製の排卵検査薬って、高級品なんだと感じます。

 

そこで、海外製の排卵検査薬ならもう少し安いのではと思い、その点をちょっと調べてみました。すると、なんと1回分につき80円もしない排卵検査薬を見付けました。それは、アメリカで製造されているという、ワンステップ排卵検査薬です。

 

しかも、アメリカではちゃんと国から認証されて、一般的に広く使われているため、品質に関しては問題無いみたいです。また、感度が20 IU/Lと高めなため、今まで排卵検査薬を使っても、体質的な黄体ホルモン分泌状況の関係で、中々くっきりとした陽性反応が出なかった人でも、効果的に使えるとのことでした。

 

更に魅力的なのが、くっきり陽性を示してくれるタイミング。普通なら、せいぜい排卵の24時間前とかで、あまり時間的余裕がありませんが、このワンステップ排卵検査薬は、48時間前のタイミングで陽性をくっきり示してくれるそうです。安いのに品質も安心、性能も高い、早くに排卵が分かるだなんて、正に至れり尽くせりですね。

 

 

ワンステップ排卵検査薬の使い方にはちょっとコツが… 

 

ワンステップ排卵検査薬を使用している日本人は、結構多いそうです。しかし、ワンステップ排卵検査薬は、日本ではなくアメリカで製造されているものです。そのため、調剤薬局には売られていない関係上、購入するには個人輸入を利用するしかありません。

 

そうした手間もあるのに、なぜワンステップ排卵検査薬は日本人に人気なのでしょうか?大きな理由としては、値段の安さが挙げられるそうです。具体的には、1回分につき80円もしないため、排卵検査薬に関する出費を抑えたいとか、生理が不安定でたくさん使いたいという人にはもってこいなんです。

 

しかし、ワンステップ排卵検査薬には、ちょっと使い方にコツが要る場合が多いみたいです。なぜなら、他の排卵検査薬と違い、感度が20 IU/Lと高めになっているからです。つまり、未だ黄体ホルモンの上昇がピークに達していなくても、陽性ラインがくっきり出て、排卵までの時間の起算点が分かりにくい場合があるんですね。

 

通常、ワンステップ排卵検査薬がくっきり陽性ラインを示すのは、排卵の48時間前ですから、それより早いとなると確かにちょっと問題だと思います。そのため、2~3日続けてくっきり陽性が出た場合は、最初の1日くらいはまだ早いと考えて良いそうです。

 

 

ワンステップ排卵検査薬は安いけど大丈夫?

 

安さが売りの排卵検査薬と言えば、中国製や韓国製のものが思い浮かびそうですが、実はアメリカ製のものもあるみたいです。それは、ワンステップ排卵検査薬。海外製の排卵検査薬の相場は、単価100円前後ですが、このワンステップ排卵検査薬は80円ちょっとしかしないそうです。

 

海外製の排卵検査薬の中でも、特に安いということですね。1回分につき80円もしないなら、ケチケチせずに1日に何回でも検査できるので良いと思います。また、生理周期が安定していない関係上、1か月中毎日検査したいという人にも推奨されるとのことでした。

 

しかし、ここまで安いと逆に、品質の方が心配になってしまいます。安かろう悪かろう、といったことはないのでしょうか?そこで、ワンステップ排卵検査薬は大丈夫なのか調べてみたところ、幸い、品質については折り紙つきだと分かりました。

 

詳しく言うと、日本ではまだ認可されていませんが、アメリカではちゃんと認証を受けて、広く一般的に利用されているそうです。そのため、排卵検査薬での出費をなるべく抑えたいという人には、個人輸入を経由しなければいけないという多少の手間はありますが、ワンステップ排卵検査薬が良いとのことでした。

 

 

更新履歴