MENU

a-checkはどんな排卵検査薬?

 

a-checkのような排卵検査薬は、排卵の兆候を検査する検査薬です。
排卵検査薬は排卵日に陽性が出るというものではなく、排卵日の直前に高い数値が出ます。

 

排卵の検査ができる理由は排卵検査薬があるホルモンに反応するからです。
排卵検査薬は尿の中に含まれている黄体形成ホルモンの濃度検査しています。

 

黄体形成ホルモンは体内に存在しているものですが、排卵の直前になると濃度が最も高くなります。
この濃い状態の黄体形成ホルモンに反応し、陽性反応になるのです。

 

排卵が行われてから12時間から24時間つまり最長で1日です。
この非常に短い時間の間で、精子と出会わなければ受精することができません。

 

つまりいつ排卵されるのかということを知ることが、子供を授かる上で極めて重要になります。
排卵検査薬は排卵の直前に黄体形成ホルモンが分泌される量を検知しています。

 

排卵日がそろそろ来るのではないか、という時期から使い始めて排卵日を探していきます。
最も強い反応が出たら、それから三日間の間は性交渉をすると高い確率で子供を授かることができます。

 

排卵検査薬は1度使用しただけではわからないので、数日間に分けて、妊娠するまでは続けるようにしてください。